2015年12月18日

低体温と、パニック障害




低体温で色々調べていたら

低体温になると、鬱や、

パニック障害になりやすいようです。

低体温になるとセロトニンが低下し

体温を上げようとしてノルアドレナリンが出て

そのために不整脈やパニック発作が起きやすくなるらしいです。

低体温で良いことは何一つないようなので

改善していかなければなりません。

夕方、ジョギングに行く前は、

5か月も、ジョギング続けているのに

ガンになりやすい低体温なんて、

絶望的だと思っていたんですが

走っている最中に色々考えてたら

高校卒業してから、26年ぐらい運動をせず

酷い時は、家に引きこもり

何年も朝から酒飲んでいたんだから

筋肉は落ち、体がおかしくなっていても

しょうがないと思いました。

腕は細くなり、お腹はポッコリして

太ももは、脂肪でぽっちゃり、

ふくらはぎは筋肉が落ちて、

ガリガリになっています。

アニメの中の話みたいに修行をして

あっという間に強くなれることは無いと思いますし

時間をかけて、筋肉をつけて

食事をちゃんととり、低体温を改善していこうと思いました。

課題が一つ増えてしまいました。

自業自得ですが病気だらけですね。

今、何もしないでいたら

後で後悔することになるので

頑張らねばと思います。






スポンサードリンク



ランキング応援お願いいたします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村 ブログランキング


統合失調症を良くするためにしてること

パニック障害を良くするには

不眠 睡眠障害治すには

パニック障害 コーヒー

ワイパックス断薬

水中毒 統合失調症

運動の効果

脳卒中・虚血性心疾患発症確率計算

EMDR パニックにも有効? 頭に浮かぶ、嫌な思い出、記憶を軽減させる 心と体を救う トラウマ治療

発作時や恐怖感が出た時の対応

パニック・ディスオーダー入門―不安を克服するためにを読んで2回目

パニック発作を自己洞察で出なくする?

注意が必要な詐欺 督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求




スポンサードリンク


posted by naosu at 17:46 | Comment(0) | 低体温と、パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする