2015年07月27日

パニック障害 運動をしている人のほうが回復が早い



患者のための最新医学 パニック障害 正しい知識とケア

という本を読んでいます。

この本に運動をしている人のほうが回復が早い

と書いてあります。

1日45分のウオーキングを

週3回、6ヶ月続けたところ

抗うつ薬のSSRIを飲んだ時と

同じような効果(脳の変化)が見られたそうです。

運動はセロトニンを増やし

パニック発作を起こりやすくする物質、

乳酸の代謝をよくし、

脳を活性化させるそうです。

薬だけでパニック発作の治療をしているグループより、

薬と一緒に有酸素運動を取り入れてるグループの方が

治りが早く、完全に治る確率も高かったそうです。













スポンサードリンク



ランキング応援お願いいたします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村 ブログランキング


統合失調症を良くするためにしてること

パニック障害を良くするには

不眠 睡眠障害治すには

パニック障害 コーヒー

ワイパックス断薬

水中毒 統合失調症

運動の効果

脳卒中・虚血性心疾患発症確率計算

EMDR パニックにも有効? 頭に浮かぶ、嫌な思い出、記憶を軽減させる 心と体を救う トラウマ治療




スポンサードリンク