2015年05月22日

不眠 睡眠障害治すには




私は、早く起きても夜まったく眠くならないので、

不眠 睡眠障害治すために色々やっています。

不眠 睡眠障害治すために何もしない頃は、

明け方5時くらいまで寝れなかったり、

毎日布団に入ってから2〜3時間は寝れないのが普通でした。

今は布団に入ってから、1時間弱前後で寝れるようになりました。

私が不眠 睡眠障害治すためにやっている事は、


1つ目は、バナナを毎日食べる
+バランスのとれた食事を3食とるです。

統合失調症を良くするために9、食品 バナナ、ココナッツオイル、えごま油で紹介してます。



2つ目、早めに寝る準備をするです。

夜は頭がスッキリ覚醒していて、

覚醒しすぎて、そわそわしている事が多いので、

これを静めるため、7時から寝る準備をします。

PM7時になったらテレビを見ません。

パソコン、携帯も、できる限り使いません。

これは私には、とても効果があったと感じています。



3つ目は、こちらで紹介した統合失調症を良くするために6、クーエ暗示法

クーエ暗示法を布団の中でやります。

毎日布団の中で、クーエ暗示法をやっていると、

だんだん、もう寝るんだという気持ちになってきます。

やることが単調なので、私は少し眠くなります。

寝る前にやる簡単なことを決めておくと良いような気がします。

お祈りも、やっています。



4つ目は、こちらで紹介した統合失調症を良くするために、12不眠改善のCDを聴く

不眠改善のCDを聴くです。

重要なのは聴いて眠くなることです。

好きな曲ではなく、眠くなるような曲を探します。



5つ目は、こちらで紹介した統合失調症を良くするために、11レイキ

レイキを寝ながらします。

レイキは頭を集中的にやると良いと思います。



×6つ目は、こちらで紹介した統合失調症を良くするために10、ホ・オポノポノ

ホ・オポノポノを寝ながら、レイキをしながら同時にやります。

ホオポノポノの本買ったらPDFが無料で貰えたんですが、そこに次の文があったので、ホオポノポノは止めました。

過去八年間の新しい研究から、「四つのフレーズ」を絶えず繰り返すことが、無意識の心に否定的プロ
グラミングをすることが明らかになっています。

原点 ホオポノポノ 癒しの秘法にも

同じようなことが書いてありました。

どこまでちゃんと調べてるかわかりませんが、

四つのフレーズを絶えず繰り返すことで

マイナスの要素がある可能性があるなら

とりあえず、やめておこうと私は思いました。

だいぶ長い間やって効果も感じられていなかったのもあります。

また、本読んで良いようであれば

再開しようと思います。



7つ目は、午後12時以降、カフェインをとらないです。

これは簡単なことですが徹底してやってます。

昼食、夕食の後は、お茶やコーヒーが、

美味しく感じられますが我慢します。

でも、外出しているときは昼食後に、

たまに、コーヒーやお茶を飲んでいます。



8つ目は、早寝早起きし朝一で散歩をし朝日を浴びて
規則正しい生活をするです。


よく言われていることですが、とにかく続けます。

私は朝5時に起きても、夜になると、どんどん元気になり

やる気が出て全然寝る気になりませんでしたが

寝る時間の前に寝る準備を、しっかりして

気を落ち着けるように地道に諦めないで努力を続けました。

眠くなるまで布団に入るなっていう医者もいますが

私は朝まで眠くならなくて朝になると眠くなっていたので

とにかく眠る準備をして、リラックスする事を心がけていました。

時間が来たら布団にとっとと入って

やるべき事をやります。

後、室内の色を青くすると心が落ち着いて

眠る環境向きだそうなので

カーテン、布団カバーを青色に変えました。

とにかく、安いもしくは無料で簡単で

健康に良さそうなことは、どんどんやりました。



9つ目は、寝る3時間前までには食事を終える
夜食は取らないです。

寝つきが良くなるそうです。

私は夕飯が遅いので、軽くとるようにしています。

とにかく夜は食べすぎないのは重要だと感じています。



10個目は寝る3時間ぐらい前までに運動をするです。

夕方に体温を上げると、眠りにつきやすいと聞いて

私は、この時間に散歩20分、ヨガ&筋トレ1時間やっています。

食前や食後に散歩へ行くだけでも、

プラスになると思います。

自分にとって気持ちのいい

運動を探すと良いと思います。

私にとって、散歩とヨガ、ジョギングは

精神安定、健康維持には必要なものになりました。



11個目は、温度の低め、40度の風呂に適度につかるです。

私は20分つかるようにしています。

(40度より温度が高いお湯に入ると交感神経が優位になり、

低いお湯に入ると副交感神経に優位になるそうです)



12個目は歯磨きを早めに終わらせるです。

歯磨きの時、歯茎を刺激することで

睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が抑制されると聞いたのと

寝る儀式の一つとして

就寝1時間前には終わらせるようにしています。



13個目は爪もみをするです。

パニック発作対策に爪もみが良いと聞いて

ずっと続けていたんですが自律神経を整え

安眠にも良いようです。

爪もみをすると副交感神経優位になると言われているので

活動的な日中に行わないで

夕方や夜寝る前に爪もみするようにしています。


※ 薬指の爪もみは交感神経を刺激して

安眠の妨げになるそうなので気を付けてください。


パニック障害の克服を目指す実践情報ブログさんの、サイトです。

パニック障害が爪もみで改善できる?爪もみ療法のやり方!






今のところ以上です。

何か新しく始めたら、プラスしてゆきたいと思います。





スポンサードリンク



ランキング応援お願いいたします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村 ブログランキング


統合失調症を良くするためにしてること

パニック障害を良くするには

不眠 睡眠障害治すには

パニック障害 コーヒー

ワイパックス断薬

水中毒 統合失調症

運動の効果

脳卒中・虚血性心疾患発症確率計算

EMDR パニックにも有効? 頭に浮かぶ、嫌な思い出、記憶を軽減させる 心と体を救う トラウマ治療




スポンサードリンク


posted by naosua at 16:12 | Comment(0) | 不眠 睡眠障害 治すには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする