2020年03月31日

コロナ、インフル、風邪、ウイルス、病原菌対策







今、私がしている、ウイルス、病原菌対策を

書いてみます。


@まず必要がなければ出かけない。


A手洗い、うがい、マスク着用。

顔に手をもっていかない、触らない。

手洗いの回数は物凄く増えました。

手が荒れるかと思ったんですが

尿素配合のクリームを寝る前に

1回使うだけで今のところ平気です。


B免疫力を上げるために

蜂蜜を舐める。

カナダ産の蜂蜜を買ってきたんですが

これが美味しくて食後に少しだけ舐めるのが

楽しみになっています。

※とりすぎると太ります!


C腸の免疫力を上げるのに良いと聞き

難消化性オリゴ糖を少しずつとっています。

※とりすぎると太ります!


北海道てんさいオリゴという商品を

豆乳ヨーグルトにかけて食べていますが

自家製ヨーグルトを作るときに、

北海道てんさいオリゴを入れると

ヨーグルトが元気になります。


DビタミンA、C、E、D、βカロテン、β-グルカンの

豊富な食品を毎日とる。

ビタミンDの豊富な卵、きのこは無いと不安です。

筋トレ日は、筋トレをすると免疫力が

落ちるので、ビタミンDの錠剤も飲んでいます。

後、風邪で物凄く調子の悪い時も

ビタミンDの錠剤を飲んでいます。

でも、ビタミンDの過剰摂取は、

カルシウムの血中濃度を上昇させ、

血管や組織の石灰化を引き起こし、

心臓、血管、腎臓に損傷を与えるそうなので

ビタミンDの錠剤は常用しないようにしています。


E部屋に濡れタオルを干して

湿度を上げる。

※湿度を上げてもコロナウイルスには

有効でないという報告もあるそうです。


部屋の加湿は気道には優しいけれど,

呼気や咳・くしゃみによって生じた

エアロゾル中のウイルスの乾燥を妨げてしまう

恐れがあり,感染性を保持しやすい事になるため,

湿度を上げすぎないこも重要だそうです。


日本医事新報社さんの記事です。
緊急寄稿(1)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のウイルス学的特徴と感染様式の考察(白木公康)






F3食、バランスよく食べる。

特に、タンパク質は免疫力を上げるそうですし

筋肉維持にも必要だし

パニック発作の改善にも、

タンパク質が良いと聞き

必要量必ず毎日とるように

努力しています。


※タンパク質を多くとりすぎると

腸内環境が悪化して

逆に免疫力が下がるそうです。

あと、タンパク質をとる量を増やすと

便が臭くなるので野菜や、食物繊維を食べる量も

増やしました。

でも、腎臓があまりよくないので

今は、タンパク質をとる量も

ほどほどにしています。


G軽い有酸素運動を毎日する。

激しい有酸素運動を毎日すると

逆に免疫力が落ちると聞いたので

今は朝、人が少ない時間に散歩したり、

スッテパーという器具を使い

1回10分程度の有酸素運動を体調の

良い時だけしています。


H暖かくする

体を冷やすと免疫力が下がるそうなので

薄着をしない、ちょくちょくお湯を適量飲む

を実行しています。


I食後に歯を磨く

インフルエンザには有効だそうです。

科学的な根拠については

はっきりと覚えていませんが

学校などで、食後歯磨きを実施したら

明らかに効果があったそうです。


J第3類医薬品のうがい薬を使う

私は喉に痛みが出た時は

のど飴を舐めたりしていましたが

全然効かずに悪化していましたが

第3類医薬品のうがい薬を使うようになって

喉に痛みが出てから激しく悪化することが

ほとんどなくなりました。

慎重に喉の痛みを観察していると

意外と頻繁に痛みが出るので

この方法は私には凄く有効でした。

薬局で、ビックサイズの一番割安な

うがい薬を使用しています。

黒っぽい、ポビドンヨードの奴です。


※効き目が強いせいか、

アナフィラキシーの症状が出る事があるそうです。

家族または本人がアレルギー体質の人や

口の中に酷いただれのある人、

薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人が

使用すると危険なことがあるようです。


※薬が苦手な方は、

紅茶でうがいをすると良いそうです。

インフルエンザには有効だそうです。

ストレートティーが良いようです。




KL−グルタミンの適量摂取


※調味料で使われる、

グルタミン酸ナトリウムとは

全く違うアミノ酸です。


Lーグルタミンの粉は筋トレ直後に

筋肉が落ちるのを防ぐために飲んでいますが

免疫力を上げる作用があるそうなので

筋トレ日の寝る前や、酷い風邪になったときに

一時的に利用しています。

効果は、あまり実感できませんけど。

あと、飲みすぎると腎臓に悪いです。






今のところ以上です。














スポンサードリンク



ランキング応援お願いいたします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村 ブログランキング



コロナ、インフル、風邪、ウイルス、病原菌対策



統合失調症を良くするためにしてること

パニック障害を良くするには

不眠 睡眠障害治すには

パニック障害 コーヒー

ワイパックス断薬

水中毒 統合失調症

運動の効果

脳卒中・虚血性心疾患発症確率計算

EMDR パニックにも有効? 頭に浮かぶ、嫌な思い出、記憶を軽減させる 心と体を救う トラウマ治療

発作時や恐怖感が出た時の対応

パニック・ディスオーダー入門―不安を克服するためにを読んで2回目

パニック発作を自己洞察で出なくする?

注意が必要な詐欺 督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求

有酸素運動を続けると筋肉が減る? 筋トレやダイエット 危険性 腎臓病など



滋賀医科大学 糖尿病内分泌・腎臓内科さんの、ホームページです。 血液検査の、クレアチニンの数値が分かれば 自分の腎臓の状態が、大まかに把握できます。 CKDに関する計算ツール



コロナ、インフル、風邪、ウイルス、病原菌対策



冠動脈疾患を起こす確率




スポンサードリンク


posted by naosu at 11:08 | Comment(0) | ウイルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。